fc2ブログ

令和4年12月15日(木)に第4回被爆者健康講話が開催されました。

「第4回被爆者健康講話」

令和4年12月15日(木)に第4回被爆者健康講話が開催されました。
講師は、長崎大学医歯薬学総合研究科 災害・被ばく医療科学共同専攻の川内野友彦さんです。

今回のテーマは「からだにやさしいがん治療 放射線治療」です。

PC150017_2.jpg


放射線は、医療の世界では病気を治すのに役立っており、
そのほとんどが、がん治療に利用されています。

これまで、専門家不足や放射線に対する先入観などが理由により、欧米と比較して、
日本は放射線治療の割合が少ない現状でしたが、新しい高精度治療が増えたことや、
放射線治療が一般的なものとして理解されてきたことにより、
放射線治療を受ける患者数は増えてきています。

放射線治療のメリットとしては、
「身体を切ることなく、1日10分の治療外来で受けられること」
「外科手術が難しい場所にあるがんも治療できること」
「高齢の方や合併症の方も治療できること」
「臓器の形態・機能を温存できること」などが挙げられます。

デメリットとしては、
「がんの種類や進展によって、放射線の効果が異なること」
「副作用を伴う場合があること」、「治療に時間がかかること」
「同じ部位への再治療ができないこと」があります。

放射線の照射の仕方も種類があり、【がん細胞をゼロにし、完全に治す根治照射】、
【目に見えない病変に照射し、再発を予防する予防照射】、
【症状を和らげる緩和照射】が紹介されました。

講話後の質疑応答の時間では、参加者の皆さんから、
ご自身の知識や経験を踏まえた具体的な質問が飛び交いました。

放射線治療といっても、様々な種類があり、
より安全かつ精度の高い治療が増えていることが分かりました。
メリット・デメリットを正確に理解して、がん治療の一つの選択肢として、
放射線治療を捉えることが重要だと感じる講話でした。

放射線の歴史も交えながら、様々な症例を紹介くださいました川内野先生のご講演、
誠にありがとうございました。
次回の被爆者健康講話は、1月19日(木)の予定です。
https://www.peace-nagasaki.go.jp/health-lecture
スポンサーサイト



スタッフの独り言:ようやく・・・・

原研国際教室では、留学生を受け入れていますが、コロナウイルス感染拡大が始まって以来
入国、行動制限のため、この2年間皆で一堂に会することができませんでした。

ようやく入国、行動制限が緩和され、今日やっと指導教官と留学生が集まることができました。
PB180019 - コピー2

PB1800383_20221118164132408.jpg

スタッフも感無量ですo(≧ω≦)o。
皆様もどうぞ引き続きご自愛ください。


令和4年11月17日(木)に第3回被爆者健康講話が開催されました。

「第3回被爆者健康講話」

令和4年11月17日(木)に第3回被爆者健康講話が開催されました。
講師は、福島県立医科大学 保健看護学コースの安田美奈子さんです。
今回のテーマは「口の健康~オーラルフレイルを予防して健やかに~」です。

開催に先立ち、当教室の高村昇教授が挨拶をいたしました。

長大ブログ用画像


今回の講話は、「オーラルフレイル」についてでした。
「オーラルフレイル」とは、オーラル(Oral、口)と、フレイル(Frailty、衰え)を
繋ぎ合わせた言葉で、「ささいな口の機能の衰え」のことです。

年齢を重ねるにつれ、足腰の筋肉だけではなく、口や舌なども衰えていきます。
例えば、口の機能が低下すると、【噛むことができない】→【柔らかいものを食べる】→
【さらに噛む機能が低下する】という悪循環に陥り、その結果、食べられるものが減り、
低栄養や筋力低下へと陥っていきます。
このように、オーラルフレイルは心身機能の低下へと繋がっていきます。

しかしながら、オーラルフレイルは、自分でできるケアと専門家によるケアの両方を
上手に取り入れることで、予防・改善ができます。

自分でできるケアとしては、歯磨き、入れ歯のお手入れ、入れ歯を外したあとのケア、
バランスの良い食事を心掛けること、口と舌の体操などです。
専門家によるケアとしては、定期的な歯科受診です。
それぞれ、安田先生から詳細な説明があり、その後、参加者の皆様と共に
口と舌の体操やマッサージを行いました。皆様、積極的に実践いただきました。

口のケアをすることで、全身の健康状態が良くなっていくことが良くわかる講話でした。
オーラルフレイルの予防・改善に早めに取り組み、健康な日々を送りましょう!

安田先生の丁寧で分かりやすいご講演、誠にありがとうございました。
次回の被爆者健康講話は、12月15日(木)の予定です。
https://www.peace-nagasaki.go.jp/health-lecture

令和4年10月20日(木)に第2回被爆者健康講話が開催されました。

「第2回被爆者健康講話」

令和4年10月20日(木)に第2回被爆者健康講話が開催されました。

講師は福島県立医科大学大学院医学研究科 災害・被ばく医療共同専攻の大須賀健一さんです。

今回のテーマは「転倒予防でこれからも豊かな人生を」です。

WEB用

高齢になると転倒が多くなること、また、高齢者が転倒すると骨折などの大けがにつながる可能性が高くなり、現在高齢者の骨折や転倒が「介護が必要となる原因」の上位であることを大須賀さんが冒頭で話しました。

また、高齢者の転倒の要因として、「内的要因」「外的要因」があることを紹介し、
生活環境などに転倒の原因がある「外的要因」は、「ぬ・か・づけ」
「ぬれている所はすべりやすいので、気を付けよう」
「かいだん、段差があるところは転びやすいので、気を付けよう」
「片づけていない部屋はつまずきやすいから、気を付けよう」
に注意しようと呼びかけました。

また、高齢者自身に何らかの転倒原因がある「内的要因」に関しては、
移動機能の低下「ロコモ」(運動器の障害により、歩行など移動機能が低下した状態)に注意しようと呼びかけました。

また、「ロコモ」への対処・予防として、ロコトレという自宅で簡単にできるトレーニング方法や食生活についての注意点を紹介しました。

講演後は参加者の方に活発なご質問をいただき、参加者の方々の健康への関心の高さをひしひしと感じました。

転倒を予防して、「健康寿命」を伸ばし、ぜひこれからも豊かな人生を!

大須賀さん素晴らしいご講演どうも有難うございました。
次回の被爆者健康講話は11月17日(木)の予定です。
https://www.peace-nagasaki.go.jp/health-lecture

8月18日 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で約2年半ぶりの健康講話が開催されました。

約2年半ぶりに開催の被爆者健康講話第一回目は当教室の高村教授が担当しました(^-^)/。

今回は高村教授が館長を務めている東日本大震災・原子力災害伝承館と国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館をインターネットでつないで行われました。

gazou1.jpg

gazou2.jpg


その様子を東日本大震災・原子力災害伝承館伝承館のフェイスブックでご紹介いただきました。




また、今年10月より毎月国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館にて被爆者健康講話を実施することが決まりました。
詳しくは下記Websiteをご確認下さい。
https://www.peace-nagasaki.go.jp/information/3378

原研国際では感染対策を十分に実施し、皆様の健康に役立つ情報を発信してまいります。

プロフィール

原研国際

Author:原研国際
GENKOKUブログへようこそ!

原研国際教室の行事や
高村教授の出張レポ、
スタッフの独り言などなどを綴っていきます。

肩の力を抜いてご覧くださいね~(*'ω'*)
 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ♪
 あなたは
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる